アンビットエナジーに電気料金を変えるメリットとデメリット、他社比較とは?

人見知り・口下手なあなたがネットワークビジネスで成功できる方法

アンビットエナジー.jpg

2016年の4月1日から、
電力の自由化となってから

アンビットエナジーという会社が、
少しずつ業績を上げていますね。


電力の自由化によって、
電気の代金が高い会社と

安い会社が出てきましたが、
アンビットエナジーの電気料金は
格安、激安だと話題ですね。


では、どれくらい、
安いのでしょうか?


また、他電気会社から、
電気料金を変えるメリットと

デメリット、比較についても、
お教えしますね!


他社の電気料金の平均金額はいくら?



電気には消費電力量(kwh)という、
単位があるのですが1kwhを使う事に

電気料金が増える、
仕組みになっています。


そして夏よりも、
冬の方が値段が高めです。


その仕組みを理解した上で
1kwhごとの電気料金を、
比較したいと思います。


東京電力

⇒ 1kwhごとに26.29円~27.26円


auでんき

⇒ 1kwhごとに26.29円~27.26円

東京電力と同じ、
金額がかかりますね。


ソフトバンクでんき

⇒ 1kwhごとに27.32円~27.81円


ENEOSでんき

⇒ 1kwhを使うごとに25.35円~26円


東京ガス

⇒ 1kwhを使うたびに28.26円~26.4円

東京ガスだけ冬よりも、
夏の方が値段が高いです。


アンビットエナジージャパン

⇒ 1kwhを使用すると24.34円~25.11円

1kwhで24円から始まる、
アンビットエナジーの方が

他社よりも格安となっていて、
1kwhで28円もかかる東京ガスが
1番、割高な価格となりますね。


たった4円の差ですが、
1ヵ月に200kwh~400kwhを

使っていくとなると、
約800円~1600円の差となります。


1年間で見ると、
9.600円~19.200円
節約できてしまうのです!


これは、かなり大きな、
金額なのではないでしょうか?


アンビットエナジーの電気基本料金は安いの?



アンビットエナジーの、
電気基本料金は

東京電力や東京ガスと、
あまり変わりません。


アンペアごとに価格を、
お教えしますね。


10A ⇒ 280.8円
20A ⇒ 421.2円
30A ⇒ 561.6円
40A ⇒ 1123.2円
50A ⇒ 1404円
60A ⇒ 1684.8円


このように比較すると、
30Aまでの契約の方が

電気基本料金が、
安いと分かりますね。


アンビットエナジーに変えるメリットとは?



アンビットエナジーの商材は、
家庭で必要な電気となっています。


では、アンビットエナジーから、
電気を買うことで

得られるメリットは、
いったい何なんでしょうか?


1.どこよりも低価格で電気が買える低価格保証プラン


アンビットエナジーのプランには、
低価格保証プランが付いています。


一般の送配電事業者が、
設定している代金よりも

最低でも1%以上、
安くしてくれるのです。



ということは、
他社よりも毎月

確実に安く電気を、
使えるというわけです。


2.同じ品質なら安い方を選ぶ!


他社ネットワークビジネスでは
サプリメントや化粧品、

耐久商品を扱っているので
会社ごとに少しずつ、
製品の成分が違うのです。


しかし、アンビットエナジーの
商材は電気なのです。


そのため、どこの会社の、
電気を使ってもすべて同じです。


だったら、少しでも安い、
電気を使いたいですよね。


もちろん、電気の値段が、
安いからといって


停電するときは、
他社と同じように停電します。


そして停電の復旧も
他社と同じくらいの、
スピードで終わります。


そのため、安心安全ですよ。


3.ビジネス会員、愛用者が99%辞めない


普通のネットワークビジネスでは、
製品を購入しなくなる人が出てきます。

それは、お金が無いから
サプリメントや化粧品が、
買えなくなる人がいるからです。


しかし、アンビットエナジーでは、
99%の確率で辞める人がいません。


なぜでしょうか?


それは、商材が生活に必要不可欠な、
電気を扱っているということです。


他社よりも安く電気が、
使えるのなら辞める必要は
どこにもないからです。


逆に他社に戻してしまうと、
電気の値段が高くなるので

生活がキツく、
なるかもしれません。


このように3つの、
メリットがあるわけです。


アンビットエナジーに変えるデメリットとは?



他電機会社から、
アンビットエナジーに

変えるデメリットとして、
アンビットエナジーの電気に

切り替えが出来ない、
ご家庭があります。


1.電気を契約できない建物がある


アンビットエナジーと
契約できない状態があります。


高圧一括受電の場合ですね。


アパートやマンション、
大型のショッピングモールや

大規模な製造工場などで、
高圧一括受電をしていると
契約を変更できません。


もちろん、
アパートやマンションでも

部屋ごとに使っている電気会社が、
別々であればアンビットエナジーに
切り替えることが出来ますよ。


2.深夜電力と太陽光発電には対応していない


アンビットエナジーでは深夜電力と、
太陽光発電には対応していません。


なので深夜に、
よく電気を使う家庭や

太陽光発電のパネルを、
自宅に付けている場合は

設定している低価格保証が、
適応されないんですね。


つまり、他の電気会社よりも、
高い代金になることがあります。


3.12か月ごとに契約を更新しないといけない


アンビットエナジーでは、
普通の電気会社とは違って

12か月ごとに契約を、
更新しなければ電気が止まります。


低価格保証期間が12か月という、
期限付きだからですね。


というのは、
他社の代金よりも

安く電気を提供するために、
値段が変動してしまうと

料金プランを変更しないと、
いけないからです。


ただ、契約から11カ月経つと、
アンビットエナジーから

メールや電話、
書類の送付などがされるので

その通りに契約更新すれば、
大丈夫なので安心ですよ。


4.辞める人が少ない代わりに報酬金額が安い


アンビットエナジーは、
電気が商材となっているので

ビジネスを辞めたり、
愛用者を辞める人が
少ないのが特徴です。


ですが、その裏側を見ると、
1世帯当たりから貰える報酬が

どこのネットワークビジネスの
会社よりも安すぎるという問題があります。


他社の報酬プランでは、
ダウンが1人できると

ダウンさんの購入金額の、
5%~25%がもらえます。


しかし、アンビットエナジーでは、
1人ダウンができると約100円の報酬です。


もし、友達を100人集めても、
10.000円しか手に入らないのです。


そしてビジネス会員になると、
初期費用として10.000円。


1ヵ月に2.500円の、
会費が必要なので

実質の報酬は、
7.500円となります。


そう考えると、
報酬額が少ないですよね。


このように、
アンビットエナジーに

乗り換えると4つの、
デメリットがあるわけですね。


全体まとめ



他社の電気会社から、
アンビットエナジーに

切り替えると、
毎月かかる電気の値段が

格安になるので、
家計の負担が少し減りますね。


実際に計算した結果、
他社よりも10%~15%も
電気料金が安くなります。



電力の小売が全面的に、
自由となったことで

これからは電気をより安く、
買える時代と言えます。


電気を使わない家庭は、
まずありえないので

ビジネスとして始めれば、
確実に不労所得となりますね。


もらえる金額は少ないのが、
欠点ではありますけどね。


そのため、電気の愛用者であれば、
ノーリスクで安く電気を使えますね。


コミュニケーションが大の苦手だったわたしが、
人と話しをするのが大好きになった奇跡の魔法とは?


↓ ↓

【無料】人見知り・口下手でも完全在宅で毎月の生活費を稼げた方法!
※人と話すのが苦手だったわたしが楽しい生活を手に入れた方法を大公開!


口コミ勧誘で友達がゼロになったわたしが、
集客で成功できた方法はこちらから


↓ ↓

【奇跡】1か月に72人のお客さんを集客し続けている方法を大公開!
※あなたが持っている●●さえあれば誰でも成果が出せる裏ワザを無料で教えます!


あなたの夢を実現して、
ストレスフリーで充実した生活を送れる方法!


↓ ↓

仕事を辞めても生活できるだけのお金をインターネットで稼げる副業!
※毎日刺激的で面白く稼げるビジネス、始めてみませんか?


こちらも一緒に読んでみてください。

↓ ↓

ネットワークビジネスで得られる5つのメリット


記事の最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

この記事へのコメント

人見知り・口下手だったわたしが毎月ダウンを作り続けられている方法!